動物と地震予知 − 日本海のイルカの大群と前触れのこと | コップのお話
 

からだと自然

動物と地震予知 − 日本海のイルカの大群と前触れのこと

 
Glass Story

縦棒 イルカの大群

約500頭のイルカの大群が、飛び跳ねながら日本海を北に向かうというニュースがありました。こんなことは今までになかったそうです。

イルカ

ネット上では、地震の前触れか、という声もありました。

よく地震予知ができると標榜するひとたちには、頭痛や体調の変化を根拠にあげる人たちもいます。

それは、確かに根拠も弱く、当たり外れも大きいかもしれません。

でも、僕は、そういうことをはなから疑ったりはしませんし、じゅうぶん「ありうる」と思います。

 

縦棒 動物の地震予知と連動

たとえば、気圧が変化すれば体にストレスがかかり、古傷が痛んだり、偏頭痛が起こることがあります。

あるいは、満月の夜には、引力の影響なのか、盲腸が多かったりお産が多いと言います。満月にまつわる逸話も、古今東西で存在します。

しかし、それは外界である自然の働きに、身体という自然が「連動」しているに過ぎません。

この「連動」という考え方に立ってみれば、地震という地殻変動の際にも、そのような連動は普通にありうるように思うのです。

しばしば、動物たちにも予知能力があると言われます。このイルカの大群のように、動物の異常行動が、ときに災害を予知したものではないか、と騒ぎになる。

でも、この「予知」と言い方は、もしかしたら少し違うのではないか、と思うのです。

それは「予知」ではなく、「連動」しているのではないでしょうか。

すでに始まっている目には見えない動きに反応しているだけなのではないでしょうか。

地震というものが噴火や津波の前触れではなく、全てがひとつの大きな流れに過ぎないように。

 

縦棒 彼女の足音

この世界には、表面に「現れたもの」だけが「存在」するわけではありません。

たとえば、初恋の女性と久しぶりに再会できる日。

待ち合わせ場所に着く。まだ彼女は到着していません。そろそろ改札を抜けた頃だろうか、と想像する。

腕時計を見る。鼓動は高鳴り、そわそわと落ち着かない。

これは、彼女の「足音」を心で聞いて、心身が連動していると言えるでしょう。

 

自然の声を聞く、体の声を聞く、と言います。体が悲鳴を上げている、という慣用句もあります。

僕たちは、どんどんと鈍感になっていき(世界が騒がしくなったとも言えるかもしれません)、体や自然の声もすっかり届かなくなってしまいました。

それでも、この「足音」が聞こえるうちは、見えない「足音」に胸が高鳴るあいだは、まだ大丈夫、まだ間に合う、と思います。

たぶん、AIには、その「足音」は聞こえないでしょう。

0
2014-04-02 | Posted in からだと自然