言葉の違いから「短気」を考える − すぐに腹が立つ、頭にくる性格を変えるには | コップのお話 〜体と心と自然の物語〜
 

こころ

言葉の違いから「短気」を考える − すぐに腹が立つ、頭にくる性格を変えるには

 
Glass Story

縦棒  短気な性格

幼い頃から、すぐに怒っては、友人や家族から「短気」と指摘を受ける。

そして、その言葉に、余計に腹が立つ、頭にくる、ということを繰り返してきた人も、決して少なくはないだろうと思う。

もしかしたら、そんな短気な性格を変えたいと、啓発本や心理学の類のものを読み漁ってみたことも、一度や二度ではないかもしれない。

しかし、もし、その短気な性格を変えたいと思ったら、色々な本を追いかけるよりも、まず最初に「短気」ということの性質に目を向ける必要がある。

ここで言う性質とは、なぜすぐに腹が立つのか、なぜ頭にくるのかという原因と、そして、この「腹が立つ」と「頭にくる」という二つの感覚の違いのことだ。

 

 

縦棒 「腹が立つ」と「頭にくる」の違い

一般的に慣用句として使われる、「腹が立つ」と「頭にくる」という言葉。改めて、その違いを意識してみたことがあるだろうか。

腹が立つ、という状態と、頭にくる、という状態と、その両者の違いとは何か。


PR


じっくりと自身の「怒り」を観察してみると、そこには、「腹」と「頭」をキーワードとした、文字どおりの身体感覚的な差異があることが実感できる。

その感覚的な違いを言葉で説明すると、次のようなことが言えるだろう。

 

たとえば、「腹が立つ」ときには、「私は、あなたの言動に腹が立っている」と言える。「まったく腹が立つね」とため息を吐き、コーヒーを啜ることもできる。

そして、「その理由はね ─── 」と説明することも可能だ。

なぜなら、彼の怒りは、まだ理性、要するに「頭」に押し寄せてはいない。「頭」に到達していない。ただ、腹が立っているだけだ(この腹を立てる矛先が、彼の人間性を形作っていると言えるかもしれない)。

一方、「頭にくる」ときはどうか。

読んで字のごとく、すでに頭に「何か」が押し寄せてしまっている。そのため、理性を満足に働かせることはできない。

端的に言うと、カッとなる、キレてしまっている状態である。

腹が立つときは、「腹が立つわ」と言葉にして、怒りの矛先を自覚できる。しかし、キレたときは、ほとんど行動アクションが先に表出する。

 

 

僕たちは、腹が立つ場合には、腰を据えて話し合えば、分かり合えることもあるかもしれない。

また、「すぐに腹が立つ」性格を変えるための方法としては、普段から古今東西の物語を読むことで視野を広げたり、年齢を重ねることによって寛容さや柔軟性を身につけることもできるだろう。

しかし、「すぐに頭にくる」という場合は、活字や体験云々ではなく、深呼吸やマッサージ、「頭を冷やす」など、身体的なケアをしてあげなければ抑えられない。

互いに、言葉だけで分かり合う、ということは極めて困難である。

この二つは、なるべく区別して理解する必要があるのだ。

この「腹が立つ」と「頭にくる」を、同じように「短気」と一括りに纏めるのは、それこそ短絡的な考え方なのである。

 

すぐ頭にくる、というのは、決して「未熟だから」ということではない。

それは体からの悲鳴を訴える黄色信号なのだ。

さて、一体どんなときに「頭にくる」だろうか。

恐らく、あれにも対応しなくちゃ、これにも対応しなくちゃ、と同時に様々な方向から「情報」が放り込まれ、そして、無意識のうちに、「もう限界だ…….」となったとき、「頭にくる」のではないだろうか。

両手で抑えようとしても溢れ出てしまうように、攻撃的な言葉や態度が次々に表出してしまうのではないだろうか。

それは「未熟」だからではなく、「容量オーバー」になっているのである。

IMG_5719

現代では、処理しなければいけない「情報」が激増し、心身はすっかり疲弊している。

一方で、まるで反比例するように、対応しなければいけないことや選択しなければいけないことが無限のように押し寄せてくる。

この狭間で、現代人は引き裂かれている。

そして、そのために、すぐにキレる、カッとなる、「頭にくる」人も増えてしまっているのだ。

 

 

縦棒  人間性の欠落

体も、心も、真面目に、目に見えるものから見えないものまで必死に対処しようとしてきた。ゆえに、頭にくる。

それは、個々人の側の社会性の欠落が原因にある、というよりも、長年に渡る社会の側の人間性の欠落の結果である。

だからこそ、「すぐにキレる若者」と称して若者だけに責任を負わせ、安易な世代論や病名で片付けようとする大人たちに、僕は静かに腹を立てている。

0
2014-04-06 | Posted in こころ