解毒のサイン − 夜寝る前に現れる腹部膨満感や不安感などの発作症状 | コップのお話
 

からだと自然

解毒のサイン − 夜寝る前に現れる腹部膨満感や不安感などの発作症状

 
Glass Story

縦棒  寝る前の発作症状

心身のストレスが溜まったとき、どっと溢れるように体調が悪化し、腹部膨満感や激しい不安感といった発作症状に襲われる。

その症状の出る時間帯というのが、不思議と、夜寝る前、ちょうど11時ぐらいと決まっている場合が多い。

ほとんど正確に、その時間になると、発作症状が、まるで集金のおじさんのように現れる。

症状の重さは、その日に食べた食事内容(アレルギー)やこうむったストレスなど、要するに体にとっての総ストレス量によって決まっているようだ。

だから、まさに「集金」なのだ。

本日はこれだけ体や心を酷使しましたね、これくらいの症状を頂きますよ、とおじさんが言う。

 

 

縦棒  解毒のタイミング

なぜ夜寝る前なのかという理由は謎だ。

ストレスに関連する臓器である副腎や自律神経の機能の切り替えが夜11時頃だという話もあるし、東洋医学的には陰性体質が関連すると言う。

人間は「体内時計」と喩えられるように、日没など自然の動きと連動しているし、また春先や女性の生理期など、体が自然と解毒・排出しようとする時期もある。

だから、夜、ちょうど寝る前のこの時間帯は、そういう一日のリズムのうちの解毒や解放の時間に当たるのかもしれない。

 

 

縦棒  解毒とクレジットカード

東洋医学には、風邪の諸症状や体調悪化というのは、解毒の際の「好転反応」だという見方がある。

好転反応とは、治っていく過程で一時的に症状が大きく出る身体反応のことである。

たとえば、整体の世界では、まず日々の疲労によってゆっくりと身体が歪んでいく。

その歪みが、ある限度に達すると、元に戻ろうとし、それが風邪の諸症状と呼ばれる体調不良として表出するのだと言う。だから、風邪をひいたあとは、「すっきり」とする。

これは別の言い方をすると、クレジット決済だと考えると分かりやすいかもしれない。

クレジットカードで買い物をすると、月末にはまとめて支払いがある。この定期的な支払いの日があることで、借金が溜まっていくことを避けられる。

だから、支払い、すなわち風邪=解毒はあった方がいい。

こまめに体調を崩すほうが長生きするというのも、こういった理由からだろう。

もちろん、そもそもクレジットカードで買い物をしないで、現金でさっと払える方がいい(体力が余っている方がいい)のだけど。

 

たぶん、夜寝る前に、溜まったぶんのストレスが発作として現れるのも、このクレジットの支払いのタイミングなのだろう。

 

風邪の効用 (ちくま文庫)

風邪の効用 / 野口晴哉

 

美しいカラダは「玄米の食べ方」でつくられる

美しいカラダは「玄米の食べ方」でつくられる / 千坂英樹

1+
2015-05-13 | Posted in からだと自然