「根本的な原因」 フランス・パリの同時多発テロと報復の連鎖 | コップのお話
 

社会とビジネス

「根本的な原因」 フランス・パリの同時多発テロと報復の連鎖

 
Glass Story

テロの根本的な原因

テロの被害に遭ったパリ、世界中で捧げられる祈り。そして、即座に報復攻撃を始めたフランス空軍。

一方で、テロの被害者に哀悼の意を表することに、「なぜフランスのときだけ」という疑問の声も挙がります。中東では、有志連合の誤爆で、子供たちも含め、数多くの罪のない一般市民の犠牲者が出ていました。

また、この報復攻撃に対して、「対症療法ではないか」という批判もあり、「もっと根本的な原因に目を向けるべきだ」と識者は指摘します。

しかし、それでは、一体この泥沼の報復合戦、テロと空爆、終わることのない負の連鎖の、「根本的な原因」とは何か。

格差社会によって生じた各国の貧困や根深い宗教差別なのか。米国のイラク侵攻なのか。石油利権なのか。それとも、第一次大戦後に欧州が恣意的に引いた国境線なのでしょうか。

 

もちろん、浅学な僕には細かいことはさっぱり分かりません。

自分の病気の「根本的な原因」さえ、考え始めるとその複雑さに思考が雲散霧消していくのに、中東と欧米の衝突について理解が及ぶはずもありません。

それでも、武力による報復が「根本的な原因」を捉えたものではない、ということだけは確信できます。

“悪いやつを殺すことが一番の解決法だ。”

この考え方の根底にあるのは、「悪さの原因は、悪さの出所にあるのだから、それさえ切除すれば健全な世界が訪れる」という思想です。

この思想の末路は、無限に広がっていく「悪さ」の拡大解釈と、次々と手を伸ばしていく「悪さ」の「処刑」、そして優生思想。

“××さえ排除すれば、僕たちの世界に平穏が訪れる。” だから、「悪さ」を「処刑」する。

こうした短期的に苦痛を取り除くための「対症療法」は、たちまち「原因」に吸収されます。復讐の連鎖のように、拡大に次ぐ拡大を生んでいく。

そして、最後は自分自身の排除にたどり着く。

しかし、だからと言って、「根本的な原因」を探ることも、その原因に適切な処置をほどこすということも、深い闇の底、到底手の届かないことのようにも思えます。

 

夏目漱石の病

かつて夏目漱石は、ある随筆で、再発を繰り返す自身の慢性的な胃の疾患について、次のようなエピソードを書き綴っています。

療養中の漱石が書斎で休んでいると、来客の多くが、「すっかりお治りですか」と尋ねてきました。

漱石は、そのたびに、「ええまあどうかこうか生きています」と答えます。

その言葉に、漱石自身も納得はいっていなかったが、他に適当な言い回しも見つかりません。

そのことを門弟に相談すると、門弟は、「そりゃ治ったとは言われませんね。そう時々再発するようじゃ。まあもとの病気の継続なんでしょう」と言いました。

継続、それは妙案だ、と思った漱石は、以来、「お治りですか」と尋ねられるたびに、漱石は「病気はまだ継続中です」と答えるようになったそうです。

この「継続」について説明するとき、漱石は、欧州の戦争を引き合いに出しました。

こうして座って話ができるのは、天下が太平になったからではなく、ひととき、塹壕のなかに入って病気と睨めっこをしているに過ぎない、いずれまた「再発」をするでしょう、と。

そして、その随筆の最後で、漱石は、「継続」と「根本的な原因」に関する複雑な思いを巡らせています。

私は私の病気が継続であるという事に気がついた時、欧州の戦争もおそらくいつの世からかの継続だろうと考えた。

けれども、それがどこからどう始まって、どう曲折して行くかの問題となると全く無知識なので、継続という言葉を解しない一般の人を、私はかえって羨ましく思っている。

『硝子戸の中』夏目漱石著

原因を取り除けば健全だ、悪いやつを殺せば平和だ、という意見が広まっていくにつれて、耐え難い寂しさが胸に込み上げてくる。

この詩人や作家、思想家たちの膨大な言葉の数々も、このポップソングやロックミュージックの歌詞も、その”悪いやつを殺すことが一番の解決法だ”という、もっとも単純なテーゼに抵抗するためのものではなかったのだろうか、と。

 

僕は、「根本的な原因」と「根治」ということを、いつも考えています。

小さな一歩でも、休み休みでも、膝を擦りむきながらでも、その道のりを少しずつ歩んでいきたいと思う。

原因は決して単一とは言えないし、永遠に解答も出ないかもしれません。

でも、それこそが、「考える」ということを与えられた人類の存在意義ではないのでしょうか。

 

硝子戸の中(うち) (岩波文庫)

硝子戸の中(うち) / 夏目漱石

 

ヨーロッパとイスラーム―共生は可能か (岩波新書)

ヨーロッパとイスラーム―共生は可能か / 内藤正典

0
2015-11-17 | Posted in 社会とビジネス