傷口に塩を塗る効果 − 舌を噛んだときの血豆と痛みの対処法と自然治癒 | コップのお話 〜体と心と自然の物語〜
 

からだと自然

傷口に塩を塗る効果 − 舌を噛んだときの血豆と痛みの対処法と自然治癒

 
Glass Story

縦棒  舌を噛む

よく舌を噛んだり、奥歯の上の、ちょうど頬の裏側のあたりを知らないうちに噛んでいることが多く、気づくと血豆があります。

年末も、思いっきり舌を噛みました。

噛んだ瞬間、舌先に鋭い痛みが走り、恐る恐る鏡を覗いてみると、網で焼いた餅のようにぷっくらと大きな血豆ができていました。

この血豆自体は、数時間後にはぺしゃんこに潰れていました。口内の血豆は、大抵日常生活を送っているうちに自然と消えています。

痛みは、傷ができた直後よりも、数日経ってからの方が激しく、その辛い痛みは次第に増していきました。

ズキンズキンと頭に響き、食事はもちろん、水を飲んだり、喋ったり、舌を使うあらゆる動作のたびに鋭い痛みが走ります。

こうして痛めることで、始めて舌の有り難みを知りました(『舌切り雀』は本当に恐ろしい物語ですね)。

くしゃみが出そうなときなどは、崖っぷちで究極の選択を迫られるような心地がします。


PR


 

 

縦棒  傷口に塩を塗る効果

年末年始も、ほとんど喋れませんでした。

痛みは日を追うごとに激しくなって、約一週間した頃、この舌の傷に対する対処法として、薬を使わずに体の自然治癒をどうやったら手助けできるか、ということを考えました。

せっかくなので自分を実験台にして試してみようと思ったのでした。

まず、天然のくすりとして有名な「塩」─── 自然食品の店で天然のものを購入 ─── を、傷口に塗り込むことにしました。

いわゆる、「傷口に塩を塗る」というやつです。

ご想像のとおり、塩の結晶が傷口に触れた瞬間、悶絶するくらいの強烈な痛みが襲いました。地団駄を踏み、額が壊れたバネのように伸びて眼球が開きます。

しかし、不思議なことに、その後、まもなく完全ではないにしても潮が引くように痛みが落ち着いていきました。

しばらくすると痛みはまた戻ってくるのですが、この「傷口に塩を塗る」ということを、夜寝る前と朝の習慣にすることにしました。

 

 

縦棒  傷と食事

食事については、舌の痛みもあったのですが、なるべく少食を心がけました。

16世紀のヴェネチアで、自身の重病をきっかけに少食を心がけ、100歳を越す長寿となった富豪ルイジ・コルナロの本に、馬から落ちた怪我もたちまち回復した、とあります。

自然治癒に体が向かおうとしているときに、消化や思考など余計な労力や負担をかけない方がいいのです。要するに、邪魔をしない、ということです。

したがって食事の内容は、くたくたの玄米粥に、傷の修復に必要な栄養素を含んでいると言われる胡麻とほうれん草を添え、一日二食にしました。

その効果かどうか、自然治癒の性質上はっきりとはわかりませんが、痛めてから年をまたいで、おおよそ10日、痛みの激化と緩和は、潮の満ち引きのように繰り返しながら、ようやくほぼ完治といってもいい状態になりました。

感覚としては、患部が薄い膜のようなもので覆われた、痛みの引いていく治りかけのときが、一番痛みがひどかったです。

以上、舌を噛んだときの対処法と自然治癒の体験記録でした。

 

無病法

無病法 / ルイジ・コルナロ

 

天日湖塩 1kg

天日湖塩 1kg

0
2016-01-06 | Posted in からだと自然