電磁波と麻 日常に溢れかえる電磁波に、自然素材で効果的な対策 | コップのお話
 

からだと自然

電磁波と麻 日常に溢れかえる電磁波に、自然素材で効果的な対策

 
Glass Story

 

電磁波の影響

電磁波の健康についての影響を語ると、「おかしなやつだ」と思われるかもしれません。

科学的な根拠も無いことを言うな、という批判も多い。

しかし、どれほど「科学的に安全性は担保済み」と言っても、それは、あくまで「短期的に」「目に見える」症状が現れていない、ということに過ぎません。

電磁波過敏症など存在するはずがない、と断言する声もあるのですが、僕は、その声に素朴な疑問を抱きます。

科学というフィルターを通さずに、” 普通に考えれば “、この壊れやすく繊細な自然物である身体が、胎児の頃から延々と電磁波を浴びつづければ、やがて様々な自律神経系の症状が出るのは、極めて自然な結果ではないか、と僕は思うのです。

実際、ノルウェーの元首相であるブルントラント氏も、自らが電磁波過敏症であることを告白しています。

 

今はまだ、こうした電磁波の影響が表立って語られることは多くはありません。

電磁波という存在の大きさを考えれば、今や、世界各国の国策、および大企業の莫大な「利権」となっていることは想像に難くないでしょう(その総量は、おそらく原発の比ではありません)。

そして、その「利権」を持った企業が、大手メディアの「スポンサー」となっているのですから、テレビで電磁波の危険性を言えるはずもありません。

また、電磁波の長期的な危険性を調査するという科学者も、ほぼ皆無に等しいと言います。

その理由を、生物学者の福岡伸一氏は著書で次のように説明しています。

電磁波と健康被害の因果関係を立証しようとすれば、(……)実際に実証実験を行うしかない。

(実証実験のような)研究を行うために、研究者は強固なモチベーションと何らかのインセンティブを必要とする。なぜなら、仮に結果がクロと出た場合、それによって引き起こされるあらゆるセンセーションを引き受け、関係企業からわきあがるであろう白矢のごとき批判に耐えうるだけの精緻さを用意せねばならないからだ。

そして何より、このような研究のために誰が百額の研究費を捻出してくれるだろうか。

『ロハスの思考』福岡伸一著

電磁波の健康被害について研究し、仮にクロ(問題がある)という結果が出たとき、その批判の矢はとてつもない規模になります。

その批判に耐え得るだけの強固な意志が必要であるだけではなく、こうした電磁波の批判的な研究のための莫大な資金を、政府も、どの企業も、当然ながら捻出してくれることはありません。

半永久的に、誰かがメガホンや拡声器を使って「本当のこと」を知らせてくれることはありません。

僕たちは、僕たちの身を守るために、ひそひそと語られる実体験や、自分自身の体の声に耳を澄ませる以外にないのです。

 

 

効果的な対策

以上のような理由から、電磁波の対策についても、自分たちで情報を集め、自分たちで動いていく必要があります。

そこで、最後に、電化製品を減らしたり使用を控えるといった引き算の対策以外に、電磁波に効果的だと言われる方法を幾つか紹介したいと思います。

 

一つは、以前ある若いカイロプラクティックの先生から直接聞いたことなのですが、「海に浸かったり、田んぼ仕事をするといい」と言います。

土や海水が、体に溜まった電磁波に効果的なのだそうです。

また、ネットの口コミや体験談を見ると、自然素材である備長炭や観葉植物が効果があるという声もあります。

あるいは大地に素足をつけたり、木々に触れるのが良いといった声もありました。


PR


他に、電磁波を測定する機械の社長さん曰く、電磁波防止グッズの効果を疑問視した上で、自然素材の「麻」が有効だと彼は言います。

 

このように電磁波対策を、海や田んぼ、備長炭、植物、大地や木々、それに麻といった風に並べてみると、別に怪しいマルチ商法でもなく、要するに「自然」が重要だ、ということではないでしょうか。

生活に、「自然」を増やしていく(イギリスやアメリカでも、今「自然欠乏症候群」という言葉が注目を浴びていると言います)。

おしゃれな備長炭や観葉植物のインテリアを飾ったり、ときおり公園で素足になって足を伸ばしてのんびりする。パジャマや布団カバー、カーテンを麻製のものにする。

 

Cu_top 2
参照 オーガニックリネンLINNET

 

あるいは、「半農半X」というタイトルの本もあるように、農業をもう一つの仕事として考えたり、田舎との二地域居住を検討してみるのもいいかもしれません(都会の貸し農園や家庭菜園から、まずは始めてみてはいかがでしょうか)。

費用がたくさん掛かるものもあるし、大して掛からないものもあるでしょうから、できる範囲で実践していくことをおすすめします。

たぶん、これからは、電磁波の影響云々という理由だけでなく、こうした自然に即した生活が主流になっていくでしょう。

 

見えない汚染「電磁波」から身を守る (講談社+α新書)

見えない汚染「電磁波」から身を守る / 古庄 弘枝

 

週末は田舎暮らし---ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記

週末は田舎暮らし—ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記 / 馬場 未織

1+
2016-03-12 | Posted in からだと自然