鼻づまりで息苦しい(父親のいびきがうるさい)眠れない夜の対処法 | コップのお話
 

からだと自然

鼻づまりで息苦しい(父親のいびきがうるさい)眠れない夜の対処法

Glass Story

縦棒  鼻づまりの夜に

ある整体の先生曰く、春先はアレルギーが過敏になる季節だと言います。

この時期、花粉症やアレルギー性の鼻炎などで鼻水、鼻づまりに苦しむことも多いのではないでしょうか。日常的に呼吸がしづらく、息苦しい。夜も寝苦しく、いっこうに眠れない、といった風に。

ここでは、そんな不快な夜を緩和させる、効果的な鼻づまりの対処法を紹介します。

 

 

縦棒  原因と簡単な対処法

鼻づまりの原因の一つは、 鼻の息の通り道が狭くなってしまっていることにあります。

この鼻づまり、よく感覚を観察してみると、度合いに左右差があると思います(左側だけが息苦しいといった風に)。

そこで、まずはどちらの鼻のほうが鼻づまりがひどいか確認してみて下さい。

鼻の右側を指先で押しながら、左側で呼吸し、次に左側を押しながら、右側で呼吸する。

こうしすることで、呼吸がしづらかったり、鼻づまりのひどい方がわかると思います。

どちらの鼻の通りが悪いか分かったら、あとは簡単です。眠るときに、「苦しいほうの鼻を上にして、横向きで眠る」だけです。

たとえば、左側のほうが鼻づまりで苦しかったら、右肩を下にして寝る(体勢は微調整して下さい)。

そうすると、鼻の通りがすっと良くなります。両方のバランスが保たれたような感じになるのが実感できるのではないでしょうか。

 

この対処法で、いつもよりも心地よい睡眠につけると思うので、鼻づまりで眠れない夜にぜひ試してみて下さい。

父親のいびきがうるさいときの対処法としても、この方向性を意識して横向きに寝かせてあげるときっと緩和されるでしょう。

 

骨盤にきく―気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門 (文春文庫)

骨盤にきく―気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門 / 片山洋次郎

 

「大人のアレルギー」は腸で治す

「大人のアレルギー」は腸で治す / 藤田 紘一郎

0
2016-03-15 | Posted in からだと自然