デザインの始まりと今 - アーツアンドクラフツ運動から無印良品まで | コップのお話 〜体と心と自然の物語〜
 

文学と芸術

デザインの始まりと今 - アーツアンドクラフツ運動から無印良品まで

 
Glass Story

縦棒  デザインの始まり

デザインという考え方の歴史は、それほど古くはない。「デザイン」の始まりは、今から160年ほど前、19世紀半ばのイギリスだった。

当時、産業革命の影響で機械的な生産手法が一般化し、それまでの伝統を背負った職人の美しい手仕事や手作りの喜びは次第に衰退していった。

機械(「不器用な手」)によってシステマティックに製造される安価で粗悪な製品が生活に溢れ返っていた。

こうした近代文明の荒波に抵抗し、手仕事の重要性を掲げた「アーツアンドクラフツ運動」が、イギリスを始め、ヨーロッパ各地で勃興した。

その運動の端緒をつくったのが、社会思想家のジョン・ラスキンと芸術運動家のウィリアム・モリスだ。

彼らは、著作や講演だけでなく、仲間の画家や建築家とともに実際に室内装飾品や家具の製作も手がけ、伝統的な技法や自然の素材を重んじ、暮らしを丁寧に彩った作品に、その思想を込めて発表した。

結果的には、一時期の流行はあったものの近代文明の激しい濁流を押しとどめられるほどの力を持つことはなかった。

ただ、この二人の起こした運動が、「デザイン」という一雫の思想の種を落としていったのだった。


PR


 

役に立たないもの、

美しいと思わないものを、

家に置いてはならない。

ウィリアム・モリス

 

モリス

画像 : http://www.guidenet.jp

 

 

縦棒  デザインの本質

今日では、デザインというのは一般的に文明を促進し、企業のブランディングを装飾する、きらびやかな衣服のように思える。

しかし、このデザインの始まりを観察してみると、そこにはむしろ真逆と言ってもいい、近代批判と人間性の再興、あるいは、近代との折り合いの付け方、その合理的な作法が本質にあることが分かる。

このアーツアンドクラフツ運動の血筋を引いた、柳宗悦の民芸運動。そして、その系譜にあって戦後の大量消費やブランド過剰な時代に登場した無印良品。

この無印良品で現在アートディレクションを担当するデザイナーの原研哉さんは、著書『デザインのデザイン』で、次のように語っている。

デザインは基本的には(芸術と違い)個人の自己表出が動機ではなく、その発端は社会の側にある。社会の多くの人々と共有できる問題を発見し、それを解決していくプロセスにデザインの本質がある。

『デザインのデザイン』原研哉著

今、デザインを義務教育の科目に、という議論もあると言う。5年ほど前に始まったNHK教育テレビの「デザイン あ」も、その一端なのかもしれない。

日々の暮らしを見つめ直し、美的かつ合理的な判断をしていく。

こうした「作法」は、産業革命以来の生活の激変をIT革命によってくぐり抜けている僕たちにとっても、きっと欠かせないものになるだろう。

 

デザインのデザイン

デザインのデザイン / 原研哉

 

日本のデザイン――美意識がつくる未来 (岩波新書)

日本のデザイン――美意識がつくる未来 / 原研哉

0
2016-09-05 | Posted in 文学と芸術