人類の成長神話 今後、日本人の平均寿命は低下するという予測 | コップのお話 〜コップの水が溢れるように〜
 

社会とビジネス

人類の成長神話 今後、日本人の平均寿命は低下するという予測

Glass Story

寿命の成長神話

メディアが日本人の平均寿命の高さを単純な数字のみで称賛したり、「今後は人生100年になる」という楽観的な展望を政治家や経営者が掲げる。

その様子を眺めていると、薄ら寒いような既視感がよぎります。

それは、「永遠に経済成長が続く」という〈成長神話〉を軸につくった社会保障制度が破綻の危機を迎え、その神話を現実化するために、明らかに無理な背伸びを強いられている現状と重なるのです。

これまで寿命が「成長」してきたのだから、このペースで「成長」するだろう、という楽観的な予測。

生命を計算式に当てはめれば、そういうシンプルな予測になるのでしょう。

しかし、近代以降の「神話(欲望を肯定するために頭で構築した物語)」が、大抵幻想として崩れ去っていくように、この日本人の平均寿命の楽観的な予測である「成長神話」も、きっと神話に終わるでしょう。

 

 

平均寿命の低下

世界的に見て長寿だと賞賛される日本の平均寿命は、おそらく今が上限ではないかと思います。そして今後は急速に低下していくと僕は予測(想像)します。

今の寿命は、戦前の、慎ましやかな生活スタイルや自然にのっとった安全な食事と、近代医学の延命術の合わせ技によって成し遂げたものです。

一方で、戦後世代の、破壊的な食生活の乱れや環境汚染によって生じた、癌を始めとする様々な生活習慣病や自律神経失調症の増加(増加だけでなく、低年齢化も進んでいる)。

小児癌や、若年性と名のつく病、あるいはアレルギーを中心に生まれつき病気を抱えている子供も増加しています。

また、不妊症や精子の減少も考慮すると、単純な平均寿命だけでなく、「生まれなかった命」というのも増えていくことが想像されます。

その都度、薬で抑え込んで「強引に引き伸ばしてきた」近代医学のツケ(離脱症状や副作用)も、今後の世代が背負っていくことになる。

今の世代に「寿命」を足したぶんだけ、孫の世代では引かれることになるでしょう。

現在、90歳、100歳といった長寿を体現している高齢者の方々は、戦前に若き日を過ごした人々であり、その多くは伝統的な和食生活を続けてこられた方々であって、劣悪極まりない生活を続ける現代の我々が、同様の、或はそれ以上の長寿を望むのは、ほぼ不可能と考えられるからです。

また、この御長寿老人の方々は、戦争をはじめとする過酷な環境下を生き抜いてきた、つまり凄まじい淘汰に耐え抜いた強靭な人々であるわけで、現在の半端な医療の恩恵で淘汰を免れ、半病人のまま成長したような私達とは土台の生命力からして違うと見るべきでしょう。

   *

西丸震哉氏提唱の「41歳寿命説」はかなり極端だと思いますが、私は60歳程度には低下するのではないかと予測しています。

   *

私は60歳説をここで提起してみましたが、60歳になった途端健康な人が突然ポックリ死亡するというのではありません。

総体としての健康の著しい悪化が、短命の基礎になるとすれば、死に至るまでに、様々な疾病や障害に悩まされるに違いないからです。

また、妊婦さんの食生活は胎児と直結していることから、先天性の障害を持って生まれてくる子供も増加することが考えられ、医療費だけでなく、社会保障の点でも、国家財政は著しく圧迫されると考えておかなくてはならないでしょう。

出典 : 年金問題は杞憂に終わる 2007.4.23 | 医学統合研究会

悲観的だと言って、楽観論者はネガティブな思考を排除します。

言霊信仰も根っこにあるのか、「そんなことを言っていると本当になるよ」と口をふさごうとする。

また、「そんなのは非科学的だ」と言っては人間中心の妄想に固執する。信仰無き近代日本の脆弱性でしょうか、科学や経済を過剰に崇める傾向にあります。

その結果、何度も悲惨な失敗を繰り返してきたのに、相変わらず、我々は「成長」しません。

もしかしたら、“これ”もまた神話に過ぎなかったのかもしれません。

0
2017-01-03 | Posted in 社会とビジネス