寂しい、不安、死にたい、生理前の辛い「月経前症候群(PMS)」の対処法 | コップのお話
 

からだと自然

寂しい、不安、死にたい、生理前の辛い「月経前症候群(PMS)」の対処法

 
Glass Story

縦棒  生理前の辛い精神的な症状

生理の一週間から10日くらい前になると、重だるさや不眠、頭痛など身体的な症状や、イライラ、無性に寂しい、気分が重い、といった精神面の症状が出ることがあります。

症状が重いときは、夜不安で不安で仕方がないような発作に襲われたり、ただただ「死にたい」と思ったり、といった状態に苦しむこともあります。

こういう感情は、抑えようと頑張れば頑張るほど余計に溢れ出してしまいます。

身近な誰かに「寂しい」や「死にたい」といった感情をぶつけてしまうこともあるでしょう。

こうした生理前の心身の苦しみは、「月経前症候群(PMS)」や「生理前症候群」といった疾患名で呼ばれています。

更年期障害もそうですが、周囲の理解がないときは、恋人や家族、友人から、「性格が変わった」「心を病んでいる」などと思われることも多いかもしれません。

また、自分自身でもそういう風に解釈しようとし、結果ますます孤独感に閉じこもっていく。

寂しいときには様々な気晴らしが必要ですが、それ以外にも、身体面からのアプローチも重要になってきます。

 

縦棒  月経前症候群(PMS)の対処法

そこで、この記事では、生理前の不安感や寂しさなどに関する身体的な対処法として、マッサージや食事など、なるべく簡単にできる対処法を紹介したいと思います。

 

ツボ刺激

まず一つ目は、ちょっと古風かもしれませんが、ツボのマッサージが手軽ですぐにできる効果的な対処法です。

ツボは、今まさに症状が辛いときに刺激しても効果がありますし、習慣化することでも徐々に改善に向かっていきます。

生理前でイライラや不安感が辛いときは、手首にある「内関」「神門(しんもん)」というツボが効果的です。ツボを刺激するときは、深呼吸をしながらゆっくりと押していきましょう。

ツボは、反対側の親指で刺激します。

呼吸に合わせながら、指先に力を込めて押し、数秒したらゆっくりと力を抜いていきましょう。

 

画像 : OURAGE

 

画像 : OURAGE

 

指圧する場所は大まかでも大丈夫です。

自分で刺激しているうちに、ずんと痛みと気持ち良さが響く、ここだというポイントが見つかると思います。

またお灸を使うのもいいでしょう。

お灸は、近くの薬局でも販売していますし、Amazonでも手に入ります(せんねん灸.オフ伊吹170点)。

辛いときはもちろん、日々の習慣にすることで少しずつ和らいでいきます。

 

漢方

漢方薬も、生理前の辛い症状に効果的な対処法です。

漢方薬は、高いというイメージがあるかもしれませんが、多くの薬が保険適用なので、漢方薬を扱っている病院などに掛かれば、ずいぶんと安く処方してくれます。

長い期間の様々な影響が心身の症状として現れているので、すぐに症状が消えることはないかもしれません。

しかし、薬の負担も少ないですし、徐々に回復に向かっていくでしょう。

検索すれば、漢方を専門にしている病院も沢山出てきます。良心的な病院であれば食事や生活習慣の指導もしてくれるでしょう。

漢方が専門の病院は、日本東洋医学会のホームページで探すことができます。

 

食事

生理前の症状の悪化には、日頃の食事も非常に大きく影響します。

日々の食事に含まれる農薬や食品添加物、ホルモン剤など数え切れない多種多様な人工化学物質が、体内でホルモンバランスや体の循環を徐々に狂わせていきます。

食事で、月経前症候群を回復させる方法としては、まずは、こうした不自然なものを減らすことが一番の近道です。

たとえば一ヶ月なら一ヶ月、一週間なら一週間だけ、食品を全て自然食品の店で購入するようにしてみることをおすすめします。

もっとシンプルな食事法で言えば、「ベジタリアン食」もおすすめです。


PR


最初はダイエットの一貫で軽い気持ちで始めたことだったのですが、なかなか奥深く(笑)、飽きっぽい自分がこんなに続いていることに驚いています。

  ×

食生活を変え始めた翌月から(月経前症候群の重い症状が)パッタリと止んでしまいました。今では生理痛も全くありませんし、経血も以前よりもずっと少なく、日数も短くなりました。(月経は体の緊急デトックスなので、体内の有害物質の量が多ければ多いほど経血量も増えますし、日数も5日~1週間と長くなります。)

出典 : わたしがベジタリアンになった理由

野菜だけの日を習慣的に取り入れたり、プチ断食を行うことで生理前の症状も着実に改善されていきます。

とにかく、「減らす」ことが大事なことです。

その上で、特に精神的なうつ病や不安感に対しては「ナイアシン(ビタミンB3)」が含まれた食材がおすすめです。

カツオやマグロ、鳥のささみ、また植物性のものでは、玄米や大豆などがいいでしょう。

イソフラボンを多く含んだ大豆類は、月経前症候群(PMS)の改善に重要な栄養素です。豆乳や豆腐などを食生活に盛り込み、間食が欲しい場合はナッツ類がおすすめです。

 

《関連記事》 
強風で眠れない夜の対処法

 

以上、無性に寂しいときや不安感の強い生理前の辛い精神症状の対処法でした。

できる範囲で少しずつでもいいので、よかったら試してみて下さい。

 

「食べない」健康法 (PHP文庫)

「食べない」健康法 / 石原 結實

 

心療内科に行く前に食事を変えなさい

心療内科に行く前に食事を変えなさい / 姫野友美

0
2017-03-01 | Posted in からだと自然