香害と化学物質過敏症 「匂い」が原因で頭痛や吐き気など体調不良が生じる | コップのお話 〜コップの水が溢れるように〜
 

からだと自然

香害と化学物質過敏症 「匂い」が原因で頭痛や吐き気など体調不良が生じる

 
Glass Story

香害窓口に相談の声多数

NPO法人「日本消費者連盟」は、この夏、「香害110番」と銘打って二日間にわたり、柔軟剤や制汗剤、除菌スプレーなどで体調不良になるという「香害」に関する相談窓口を設けました。

その際、悩みの声は多数集まり、その声を消費者庁に届けたのですが、前向きな対策の回答は得られませんでした。

連盟が、「どれくらい声が集まれば行政は動いてくれるのか」と尋ねると、「たくさん」という返答だったと言います。

そもそも、この「香害」とは一体どういったものなのでしょうか。

以下、「日本消費者連盟」の「香害110番」に届いた相談の声を参照しながら解説していきたいと思います。

 

 

匂いで体調不良? 「香害」とは

名称が「香害」ということで、「匂い」が原因で体調不良が生じていると誤解されることも多いでしょう。

そのため、「体臭」も含まれると考えた人からは、体臭を消そうと思って香水をつけたらそれはそれで苦情を言われるなんて単なるクレーマーだ、といった声もあります。

しかし、体は決して「匂い」が原因となって反応しているわけではありません。

悪臭だから、体調が悪化(不快ではあっても)しているのではなく、その「匂い」を生み出している人工的な「化学物質」に反応しているのです。こうしたことから、「いい匂い」だから体調不良を招かない、という話ではないということがお分りいただけると思います。

夏場の電車のなかを想像してみて下さい。

柔軟剤、制汗スプレー、整髪料、日焼け止め、香水、密閉された空間で空中に無数の「化学物質」が漂っています。

健康なひとでも、ちょっとくらっとしたり、吐き気が生じることもあるのではないでしょうか。

だれもが同じだけの神経の太さをしているわけではありません。もっと繊細なひと、弱っているひと、疲弊している状態などでは、より敏感に体が反応し、自律神経の異常をきたすようなことになることも想像に難くはないでしょう。

体臭で不快になる人はいても、体調不良を起こしたり病気になる人はいません。体臭と香害を同一視して『好みの問題でしょ』と捉える人もいるかもしれませんが、そうではありません。柔軟仕上げ剤や制汗剤、除菌スプレーなどに含まれる人工的に作られた化学物質に対して、身体的な症状が出ることが香害だと考えています。

出典  :  柔軟剤などの「香害」で体調不良、学校現場の制汗剤でも発生…消費者団体が強い危機感|弁護士ドットコム

化学物質過敏症(かがくぶっしつかびんしょう)と呼ばれる病名があります。

これは食事から空気、飲み物に含まれる雑多の「化学物質」に体が反応し、日常の生活を送るのが困難になる病気で、科学の発達した先進国を中心に増加している疾患です(参照 :「原因も治療法も不明 化学物質過敏症 〜 あなたが快適でも わたしは苦しい 〜 |中日新聞」)。

シックハウス症候群なども、化学物質過敏症の一種です。

この「香害」も、化学物質過敏症の始まりである可能性はじゅうぶんに考えられるでしょう。

 

 

香害で生じる体調不良の症状は? 周囲からの孤立も。

それでは、香害によって生じる体調不良の症状は、どういったものが挙げられるでしょうか。

症状は、頭痛からくしゃみ、倦怠感まで多岐にわたります(遺伝や環境が原因でもともと弱かったり、弱っている場所に生じる傾向にあります)。

症状は多岐にわたります。香りを嗅いでくしゃみや涙が出るだけではなく、頭痛や全身の倦怠感など様々な症状が出ているようでした。長期にわたって体調不良が続き、家事や育児がしにくくなったり、会社にいても仕事ができなくなったりするなど日常生活に深刻な影響が出ている人もいました。

出典  :  柔軟剤などの「香害」で体調不良、学校現場の制汗剤でも発生…消費者団体が強い危機感|弁護士ドットコム

悩みはこうした身体的な症状だけにとどまりません。

匂いで体調不良を起こしている、と相談しても、これまで書いたような「誤解」から、「クレーマー」や「我慢のできないひと」「神経質なひと」といった扱いを受け、「孤立」してしまうこともあると言います。

また、人間関係の孤立だけでなく、CMや看板などを見ているといっそうの深い孤立感を味わうでしょう。

世の中は、その「匂い」をまとって明るくまわっている。「匂い」をなくそうとするよりも、自分が死んだほうがいいのではないか、と。

私がおかしいだけなんだ、とそんな風に思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

最後に、以前お世話になったある女性が僕にぽつりとこぼすように言った言葉で、香害に関する記事を終えたいと思います。

「このおかしな世界でふつうに生きられることのほうが、ほんとはおかしいことなのかもしれないね」

2+
2017-12-30 | Posted in からだと自然