冬の寒さ対策(化学物質過敏症・電磁波過敏症) | コップのお話
 

からだと自然

冬の寒さ対策(化学物質過敏症・電磁波過敏症)

Glass Story

縦棒 冬の寒さ対策

化学物質過敏症、電磁波過敏症のひとにとって冬の寒さは相当辛いもの。

エアコンや電気こたつ、ホットカーペットは使えないことも多いでしょう。

そこで化学物質や電磁波のストレスを少しでも減らした暖房、冬の寒さ対策として、どんなものが挙げられるか調べてみました。

参考にしたのは、『「化学物質過敏症 私の方法」 掲示板』という掲示板サイトです。2006年の情報ですが、特に古さは感じません。

この掲示板で紹介されている寒さ対策として多く挙がっていたのは、オイルヒーターないしはガスストーブでした。

私は去年、それまで10年間くらい使っていたデロンギのオイルヒーターを使おうとしたのですが、吐き気がして使えなかったんです。オイルヒーターが使えなくなったと思ってショックでした。ところが、ちょうどそのころ通っていた歯科医で、CCPという日本の会社のオイルヒーターを使っていて、それが臭くなかったんですね。それでCCPのきわめて安価なオイルヒーターを、だめもとで買いました。最初はやはり臭かったのですが、2週間ほどベランダに出して使ったのちに、使えるようになりました。

たぶんデロンギのヒーターも、現在発売されているタイプの物は、CCPと同じくらい安全だと思うのです。使われているプラスチックとか、塗料とかの、ほんの些細な違いが、使えるか使えないかを決めてしまうみたいなんですよね。だから新しい物を試すのは躊躇してしまうし、オイルヒーターは電磁波が恐いし……どうしましょ。(2006/11/26(Sun) 16:52)

  ×

最近ガスストーブを使いはじめました。火力も強く、においも石油ストーブより気になりません(私にとっては)
消したあともにおわないし、石油を入れかえるような手間もないし私にとってはベターのようです
父の話では燃焼率はガスのほうが石油より良いそうです

以外に知られてない存在かと思い書いてみました (2006/11/18(Sat) 14:47)

出典 : 『「化学物質過敏症 私の方法」 掲示板」』

全体の雰囲気としては、オイルヒーターよりも、ガスストーブのほうがいいかな、という感じでした。また、どちらも熱によって気化する塗料が心配なので、古い製品を使うといいかもしれません。

以前伺った化学物質過敏症の専門医の方の話によれば、古いオイルヒーターがおすすめとのこと。古い、というのはやはり塗料の問題のようです。

リサイクルショップか、メルカリなどで見てみるといいかもしれません。

オイルヒーターの電磁波については、電磁波は距離が離れれば影響も弱まるので部屋の隅に置けば大丈夫のことも多いそうです。

とは言え、体の過敏さはそれぞれで違いますし、体調によっても差は生じるので、その辺りは注意が必要です。

その他、もう少し原始的な方法として意外とおすすめなのが「白湯」と「湯たんぽ」です。

白湯は芯からぽかぽかと温まりますし、湯たんぽも夜寝る前の寒さ対策に効果的です。個人的には45℃くらいの熱いお湯で行う「足湯」や「腰湯」もおすすめです。

あとは寝具も良質な羽毛布団などを選ぶのもよいでしょう(参照 :「みらい -mirai-」)。

0
2018-11-15 | Posted in からだと自然