暴走事故と電気自動車の電磁波 | コップのお話
 

からだと自然

暴走事故と電気自動車の電磁波

有機野菜、無添加食品の宅配「秋川牧園」

Glass Story
0

暴走事故と電気自動車の電磁波

近年、よく暴走事故による痛ましい被害が目立つようになりました。

高齢者によるハンドル操作ミスや病気を抱えながらの運転も、原因の一つに挙げられるでしょう。

また、個人的には、電気自動車の普及と、電気自動車の電磁波が運転手の判断する力に与える影響というのは無視できないと思います。

電磁波の問題というのは以前から言われています。

その辺りは、『携帯電話 隠された真実 ― 米国屈指の医学者が警告する、携帯電話の人体影響』が、とても詳細に載っています。

重要なのは、人間は機械ではないので、「人工的な電磁波が人間の身体に全く影響がない」ということはありえないこと。

過剰に危機感を煽るつもりはありません。

でも、電磁波で、短期的に、あるいは自律神経への影響は数値化できないからと言って、「まったく影響がない」と言うのは乱暴だと思います。

また、先ほどの本を読んでもそうですし、著名な科学者の福岡伸一さんもおっしゃっていますが、「電磁波の悪影響」を語ることは、あらゆる電化製品を含め世界を敵に回すことなので、わざわざ調査するひとはほとんどいません。

だから、もっと単純に考えて、これだけ電磁波にかこまれて、一切の影響がない、ということは普通ありえないだろう、というアバウトな危機意識で十分です。

昔、作家の有吉佐和子さんが『複合汚染』という本を出版しました。

これは農薬の危険性を指摘する本ですが、ざっくりと説明すれば、農薬に食品添加物、目に見えないものも含め、人工的な化学物質がどんどん増えている。

ひとつひとつは短期的な影響が少なかったとしても、何十種類、何百種類と日々食べ、飲み、吸い続けたら、体に影響がないはずがなく、でも、その複合的な影響についてわかっている科学者は世界に誰もいない、という警告です。

電磁波も、今なら入るでしょう。

「農薬などが原因で健康を損なう化学物質過敏症は病気として認められているのに、携帯電話や電子機器が原因の電磁波過敏症については、日本では病気として認められていません。すでにスウェーデンなどの北欧の国では正式に病気と認定され、アメリカやイギリス、フランスなどでも子どもや妊婦に対し携帯の使用制限をしています。医療先進国であるはずの日本は、この分野に関しては実に遅れているんです」

そうため息をもらすのは、北里大学名誉教授で、そよ風クリニック(東京都杉並区)院長の宮田幹夫先生。化学物質過敏症や電磁波過敏症を専門とする数少ない医師だ。

出典 : 北欧ではれっきとした病気…ホントは怖い「電磁波過敏症」|女性自身

こういうことを言ってくれるお医者さんは貴重です。敵が増えるので、触れないのが一番ですから。

車の電磁波によって、誰もが突如異常行動を起こす、ということはないでしょう。

よほどの強い電磁波を当てられないかぎり、わかりやすく思考に影響はないと思います。

でも、パニックなどを起こしやすくなる、ということは言えるでしょう。パニックとは自律神経の問題で、ストレスによって不安定になりやすくなります。

動悸による不安感など、ちょっとしたことでドキドキして不安になって焦る。

高齢者もそうですし、若者でも疲れがたまっているときは、自律神経が乱れやすくなって正常な認知ができなくなる。

ぐっと不安になってなにをどうすればいいか分からなくなったり、頭が痛くてカッとキレやすくなったり。

感情面に影響を与える場合は、主にこの二つです。

ドキドキと不安感、頭痛とキレる。

こういうことは(こういうひとも)、じわりじわりと増えていると思います。

一言で言えば、人間の身体がもうすり減ってしまっているということです。

かつて勝海舟が、文明化すると神経過敏が増えるといったようなことを言っていましたが、今は神経を削るもので満ち溢れています。

さて、話を車に戻しますが、甚大な事故にプリウスが多い、ということがネット上で話題になっていました。

真偽のほどはわかりませんが、電気自動車の電磁波の影響は少なからず「ある」と思います。

自動車は走る電子レンジ

こういうキャッチーなタイトルの記事があります。以下、重要な点を引用したいと思います。

自動車は、ガソリン車であっても実は免疫力低下、眠気、注意力低下など、電磁波の悪影響が集中している“走る密室”である。ハイブリッド車や電気自動車となると、その電磁波は当然ガソリン車を上回る。

自動車に乗り込むのは、“金属でできた押し入れ”にもぐり込むようなものである。ただでさえ電磁波被ばく量が多くなる閉塞空間という特殊な環境である。

そしてカーナビ、エアコン、ステレオといった付加的な電装品からの電磁波もさることながら、今日の自動車の多くはほとんどコンピュータ制御である。そもそも床下の高出力のエンジン、モーター、バッテリーからの強烈な電磁波、磁界および外部から伝播する高周波電磁波がコンスタントに存在する。

密閉した金属の箱 である自動車の車内では、電磁波、特に高周波電磁波が乱反射して増幅するため、自動車は“走る電子レンジ”とも言える。

(中略)

プリウスであれ、レクサスであれ、ポルシェであれ、見た目の快適さとは裏腹にどれも電磁波的には“静かなる処刑台” である。電磁波的対策を何ら施していない車に日常的に乗るのは、高圧送電線の下に暮らしているようなものである。

電磁波は目に見えず、ふつうのひとにはほとんど知覚できないものである。自分がこうむっている 不可逆的な健康被害 に対策を講じるのは冷静にその危険を知ったときである。気づいた時からでも遅くはない。

(中略)

自動車にしても、スマホにしても、電磁波の危険性 については、日本のマスコミだけが先進諸国の中で異様なほどに沈黙している。とりわけ“自動車の電磁波の危険性”という問題は、自動車産業が国家をけん引しているこの日本では、新聞、テレビが決して触れてはならない最大級のタブー かもしれない。

自動車メーカーがどれも日本のメディアにおける 最大級のスポンサー であることは言うまでもなかろう。

出典 : 自動車は“走る電子レンジ”(1)

今後、「複合汚染」がどんどん進み、その一つとなる電気自動車の普及によって、高齢者だけでなく全年齢で異常な事故は増えていく可能性は高いと私は思います。

そういう「視点」は絶対に必要です。

対策の一つは、高齢者の免許を強引に取り上げることではないと思います。

それは結局対症療法に過ぎないので、一つだけ言うとすれば、せめて都心部だけでも自動車社会から脱却するということでしょう。

自転車と、公共交通機関の促進。

たとえば、北欧のノルウェーでは、「ノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへ」といった取り組みも進んでいます。



[PR]

「私たちは、私たちの食べたものでできている」

健康でいちばん重要なのは食、特に食材ひとつひとつの質です。今現在原因不明の不調で苦しんでいるひとも、子供の健康な体づくりにとっても、まずは食を改善することが大事です。

また、体に優しい食材を購入することは、自然に優しい農家さんたちを消費で応援することにも繋がります。

定期宅配やセット販売なら家計にも優しく一石三鳥です。
 
当サイトで実際に購入しておすすめしている定期宅配(個別購入も対応)のサービスは、以下の4社です。
 
ナチュラルハーモニー ▷公式サイト
 
ハミングバード ▷公式サイト
 
秋川牧園 ▷公式サイト

自然派きくち村 ▷公式サイト

それぞれ無農薬の自然栽培の野菜やお米、オーガニックの鶏肉、厳選された干物などが購入できる安心の企業です。

初回購入限定セットもあるので、よかったら一度お試し下さい。
2019-04-28 | Posted in からだと自然

有機野菜、無添加食品の宅配「秋川牧園」