赤ちゃん | コップのお話

赤ちゃん

 

赤ちゃんやペットにも不安、「電磁波」を調べる方法

 
Glass Story

縦棒  赤ちゃんやペットにも不安、「電磁波」を調べる方法

電磁波の体への影響は、まだ分かっていません(安全とも危険とも言い切れない状態)が、危険性については幾度となく問題視されています。

ただ、「電化製品」は、世界中のあらゆる大手企業と関連することでもあるので、テレビでも危険性は報じられませんし、この「分からない」ということを隠れみのにして電磁波が発生する製品は莫大に増加しました。

著名な生物学者の福岡伸一氏は、著書で、電磁波の危険性について真剣に調べる機運が高まらない理由を次のように解説します。

 

電磁波と健康被害の因果関係を立証しようとすれば、(……)実際に実証実験を行うしかない。

(実証実験のような)研究を行うために、研究者は強固なモチベーションと何らかのインセンティブを必要とする。なぜなら、仮に結果がクロと出た場合、それによって引き起こされるあらゆるセンセーションを引き受け、関係企業からわきあがるであろう白矢のごとき批判に耐えうるだけの精緻さを用意せねばならないからだ。

そして何より、このような研究のために誰が百額の研究費を捻出してくれるだろうか。

『ロハスの思考』福岡伸一著

 

電磁波の危険性に関する研究を行うためには、巨額の費用がかかります。これは「科学的な研究」という際の大きな問題点ですが、研究費を、国や企業が支援する、ということは、国や企業に利する研究ばかりになる、ということです。

逆に言えば、自分たちの推し進める物と逆行する研究に、誰も費用は出さない、ということになります。

誰も、「私たちの行なっていることは危険である、という証拠を突き止める研究を行なってほしい」とはお願いしないでしょう。

福岡伸一氏の書いているのは、こういう根本的な欠陥のことです。

細かな電磁波に関する問題は、この記事では触れません。以下は、電磁波の体への影響に関するおすすめの本です。

特に後者は、電磁波が危険ではないか、と指摘するだけで生じる“不利益”がよく分かるドキュメンタリーとなっています。

さて、それでは電化製品から生じる電磁波を、どのようにして避ければよいのでしょうか。

避ける方法よりも前に僕たちが知らなければいけないことは、どこから電磁波が発生しているか、ということです。

電磁波測定器は数多く発売されていますが、どれも価格が高いので手が出づらいのではないでしょうか。

たとえば、評判のよい人気の電磁波測定器に、「電磁波測定器 トリフィールドメーター」があります。

世界普及率No1.で、電場、磁場、マイクロ波を調べることができる電磁波測定器。

この測定器で、テレビ、照明器具、自動車内、蛍光灯、電気毛布、オール電化といった生活環境の他、高圧線や発電所などの電磁波も調べることが可能です。

 

電磁波の危険性については半信半疑ですが、見えない電磁波を少しでも可視化してイメージを持ち、影響を受けやすい小さい子供がいるので危険性を少しでも認識しておこうと夫と話し合い、購入しました。

計測は夫に任せていたのですが、この測定器を使ってみて知ったことを書いてみます。

・電化製品をつないでいる電源タップの個別のスイッチがOFFでも、その電化製品から電磁波が出ている物がある。
蛍光灯と炊飯器はアースを取り付けたら値が下がりました。

・機器の電源を切った状態でも値が高いもがあり、その中でもコンセントを逆に差すと低くなる物があること。
例:扇風機、電気ストーブ、電気スタンド、電気カーペット等

家の中の電化製品の置き場所など配置を考えるのにも役立ちました。

出典 :「電磁波測定器 トリフィールドメーター」レビュー

 

電磁波の発生源や強弱を調べる際に、こうした専門の電磁波測定器を活用してもいいのですが、もう少し安く、手軽に調べたい、という場合におすすめの方法が、ラジオです。

アナログのAMラジオを電磁波の発生しそうな場所に近づけると、大きく音声が乱れます。

電磁波は距離を遠ざけると弱まるので、ラジオを近づけたり遠ざけたりしながら、発生源や、どれくらいの距離を置けばいいかを探りましょう。

大人でも長年電磁波を浴び続けることには不安ですが、これが赤ちゃんや胎児、また室内で飼っている犬や猫、あるいはケージのなかでしか身動きができないハムスターやリス、ハリネズミなどの小動物はもっと不安です。

電磁波対策としては、色々なグッズも販売していますが、まずは「電化製品との距離を遠ざけること(スマホなら寝るときに近くに置かない、電話はイヤフォンを使うなど)」、「コンセントを抜いたり電源を切ったり電化製品を減らすこと」、その他、体の側でできる対策としては、「木や土などと触れる」というのもおすすめです。

完全になくすことは難しくても、ほんとうに必要かどうか、といったことも考慮しながら、必要なもの、大切なものだけを残すようにしましょう。

以上、電磁波を簡単に調べる方法でした。

2019-06-08 | Posted in からだと自然No Comments »