世田谷区長と化学物質過敏症 | コップのお話
 

からだと自然

世田谷区長と化学物質過敏症

有機野菜、無添加食品の宅配「秋川牧園」

Glass Story
0

世田谷区長と化学物質過敏症

政治家や、地方自治体の首長が、「化学物質過敏症」について発信するのは勇気がいることです。

それは数多くの企業、その企業に勤めているひと、また日常的に商品を使用しているひとからも反感を持たれる可能性があるからです。

もちろん、スポンサーが関わるテレビも、ほとんど報道されることはありません。

しかし、溢れる「化学物質」によって着実に症状に悩むひとは増加し、少しずつですが報道で目にする機会も増えてきています。

アメリカでは、成人の約13%が香りつき製品にさらされて化学物質過敏症になり、約15%が職場の香りつき製品で健康を害して過去1年間に休職や退職を余儀なくされている――。

そんな「香害先進国」の悲惨な実態を明らかにした調査結果が公表され、注目を集めている。香りつき製品の成分で体調不良になった日本の「香害」被害者には、やがて日本もこのようになるのではとの不安が強い。

出典 : 「香害先進国」米国の悲惨な実態、成人3人に1人が被害者|DIAMOND online

衣類の柔軟剤や制汗剤に含まれる香料が原因で体調不良を訴える人が増えている。NPO法人「日本消費者連盟」(東京都新宿区)によると、消臭剤を避けるために外出先のトイレを我慢したり、無臭の職場が見つからずに生活困窮に陥ったりする人も。

出典 : 街にあふれる「香害」で体調不良に 「誰もに起こり得る」化学物質過敏症に注意|産経新聞

「この病気は、脳の一部である嗅神経が化学物質にさらされることがきっかけで起こる脳の機能障害。香料が批判の対象になりがちですが、無香料でも化学物質が使われていれば、症状は現れます」

杉浦さんも「化学物質の総量が減らないと、解決しない問題」と訴える。

出典 : 頭痛、吐き気、めまい…“香りブーム”の裏で深刻化する「香害」|週刊朝日

こうした状況下で、東京都の世田谷区長の保坂展人さんは、化学物質過敏症について理解のある発言を行なっています。



[PR]

「私たちは、私たちの食べたものでできている」

健康でいちばん重要なのは食、特に食材ひとつひとつの質です。今現在原因不明の不調で苦しんでいるひとも、子供の健康な体づくりにとっても、まずは食を改善することが大事です。

また、体に優しい食材を購入することは、自然に優しい農家さんたちを消費で応援することにも繋がります。

定期宅配やセット販売なら家計にも優しく一石三鳥です。
 
以下は、自然栽培など体に優しい食材の定期宅配(個別購入も対応)サービスでおすすめの4社です。
 
ナチュラルハーモニー ▷公式サイト
 
ハミングバード ▷公式サイト
 
秋川牧園 ▷公式サイト

自然派きくち村 ▷公式サイト

それぞれ無農薬の自然栽培の野菜やお米、オーガニックの鶏肉、厳選された干物などが購入できる安心の企業です。

初回購入限定セットもあるので、よかったら一度お試し下さい。
2020-02-04 | Posted in からだと自然

有機野菜、無添加食品の宅配「秋川牧園」