化学物質過敏症 | コップのお話

化学物質過敏症

 

世田谷区長と化学物質過敏症

 
Glass Story

世田谷区長と化学物質過敏症

政治家や、地方自治体の首長が、「化学物質過敏症」について発信するのは勇気がいることです。

それは数多くの企業、その企業に勤めているひと、また日常的に商品を使用しているひとからも反感を持たれる可能性があるからです。

もちろん、スポンサーが関わるテレビも、ほとんど報道されることはありません。

しかし、溢れる「化学物質」によって着実に症状に悩むひとは増加し、少しずつですが報道で目にする機会も増えてきています。

アメリカでは、成人の約13%が香りつき製品にさらされて化学物質過敏症になり、約15%が職場の香りつき製品で健康を害して過去1年間に休職や退職を余儀なくされている――。

そんな「香害先進国」の悲惨な実態を明らかにした調査結果が公表され、注目を集めている。香りつき製品の成分で体調不良になった日本の「香害」被害者には、やがて日本もこのようになるのではとの不安が強い。

出典 : 「香害先進国」米国の悲惨な実態、成人3人に1人が被害者|DIAMOND online

衣類の柔軟剤や制汗剤に含まれる香料が原因で体調不良を訴える人が増えている。NPO法人「日本消費者連盟」(東京都新宿区)によると、消臭剤を避けるために外出先のトイレを我慢したり、無臭の職場が見つからずに生活困窮に陥ったりする人も。

出典 : 街にあふれる「香害」で体調不良に 「誰もに起こり得る」化学物質過敏症に注意|産経新聞

「この病気は、脳の一部である嗅神経が化学物質にさらされることがきっかけで起こる脳の機能障害。香料が批判の対象になりがちですが、無香料でも化学物質が使われていれば、症状は現れます」

杉浦さんも「化学物質の総量が減らないと、解決しない問題」と訴える。

出典 : 頭痛、吐き気、めまい…“香りブーム”の裏で深刻化する「香害」|週刊朝日

こうした状況下で、東京都の世田谷区長の保坂展人さんは、化学物質過敏症について理解のある発言を行なっています。

2020-02-04 | Posted in からだと自然No Comments » 

 

        

香害と体臭

 
Glass Story

香害と体臭

宮城県の多賀城駅前にある自然派のカフェ「コトリコーヒー」さんは、小鳥が羽を休められるように、という想いを込めてつくられた小さなカフェ。

店主の方は、化学物質過敏症を患っており、柔軟剤や香水、香り付き合成洗剤などで体調が悪くなることから、人工香料を使用したお客さんは入店をお断りすることもあるとのこと。

しかし、体調の限界ゆえ、今年で閉店することに。

画像 : コトリコーヒー、公式インスタグラム

体に優しい食事を提供し、香害に悩んでいるひとたちが励まし合うことのできる空間だったコトリコーヒーですが、一方で不理解や否定的な方もいたことから、身体的、精神的に限界が訪れ、閉店に至ったとのこと。

ツイッターで、その件について呟くと、数多くの反響ととともに、「身体弱すぎ」「離島に行け」など、匿名の批判コメントも殺到。

>>コトリコーヒーのお店の様子(画像)

ツイッターのアカウントは削除され、そのことが原因かどうかはわかりませんが、閉店も早まることに(12月19日閉店予定)。

よく「香害」という表現の影響から、これは香りに敏感なことで、体臭含め個人の好き嫌いや無臭化という話にすり替わってしまいますが、実際は、香りづけに使用される人工化学物質に対する体の拒絶反応であり、化学物質過敏症の一種です(体臭の話と、この「香害」の問題とは論点が違います)。

どの香りの化学物質が、どの症状に繋がっているか証明できなければ規制はできないとのことですが、無数にある化学物質が、たった一つの症状に繋がっている、という単純な構造にはなっていません。

むしろ、無数の化学物質ゆえに身体が耐えられなくなって様々な症状(症状も、アレルギーや風邪と同じように、弱っている場所やもともと弱い場所に出るのかひとやタイミングによっても違います)が生じるので、「これ(この化学物質)」が「これ(この症状)」に、という話ではないのです。

夏の地下鉄の電車の車内には、数えきれないほどの人工香料による化学物質が充満していると思います。

ちょっと苦しい、頭が痛くなる、というのも症状の一つであり、それがひとによってはもっと辛い症状となって現れる、ということも想像に難しくありません。

化学物質過敏症は、香害のように呼吸から入ってくるものに敏感なひともいれば、食事で体調が悪化するひと、皮膚が過敏なひとといます。これもアレルギーと同様です。

たとえば、この病が日本の極めて一部のひとが言っているだけなら、もしかしたら特異的に体が弱かったり、妄想のひとつだという可能性もあるかもしれませんが、実際は苦しんでいるひとが増加し、世界的にも問題となっています。

>>街にあふれる「香害」で体調不良に 「誰もに起こり得る」化学物質過敏症に注意|産経新聞

>>中3・馬場さん、テレビ電話で授業参加へ うれしい!自宅で仲間と学べる 京丹後 /京都|毎日新聞

海外でも特にアメリカでは既に3人に1人が香害に苦しんでいるという調査があります。

アメリカの成人の99.1%が、自分や他人が使った「香りつき製品」に週に1度以上さらされており、34.7%が1つ以上の香り製品によって「1つ以上の健康に有害な影響」を受けている。つまり成人の3人に1人が「香害」の被害者なのだ。

アンケートで例示された香りつき製品は、「消臭芳香スプレーや芳香・脱臭・防臭剤」「シャンプーや化粧品などのパーソナルケア製品」「清掃用製品」「柔軟剤・合成洗剤などの洗濯用製品」「家庭用製品」「香水」などだ。

また有害な健康への影響として挙げられたのは、「偏頭痛」「ぜんそく発作」「神経症状」「呼吸器症状」「皮膚症状」などの訴えだ。男女別では女性の方が有害な影響を受ける割合が高かった。

出典 :「香害先進国」米国の悲惨な実態、成人3人に1人が被害者|ダイアモンドオンライン

こうした問題、数々の化学物質によって体が悲鳴をあげ、体調を崩す、というのは「複合汚染」と呼ばれ、古くは作家の有吉佐和子さんが数十年前に主に『複合汚染』というノンフィクション小説で問題提起をしています。

私は、こうした物質文明の氾濫というのは、人間の知恵が生み出した科学と文明というものの、ある一つの運命的な必然であったとは思うのですけれども、しかしこれをそのままにしておくことはできないし、このままにしておいたのでは、私たちの体が、まず得体の知れない病気になる。それから、もう現在そういう病気が頻発している。

出典 : 有吉佐和子、作家自作を語る|新潮社

テレビで取り上げられることが少ないのは、関連するスポンサー企業の影響や、また視聴者のひとりひとりにとっても生活に直結する耳の痛い話も多く(私たちは加害者であり、被害者でもあります)、尻込みをしているのかもしれません。

特効薬というものはなく、対策としては、自然(身体含む)に優しい暮らしをしていく、ということが重要という点では、自然の保全とも共通するでしょう。

>>漫画『原始さん』のあらすじと、水木しげるさんの自然観

2019-11-14 | Posted in からだと自然No Comments » 

 

        

悪循環

 
Glass Story

悪循環

農薬や化学肥料、食品添加物、その他無数の「単体で短期的に画像や数字で判断できる症状が目に見えないゆえに“科学的に安全”と見なされる」人工的化学物質を、企業の効率化とコストカットのために増やし続ければ、今後原因不明(実際は無数の小さな原因の複合的な結果ゆえに単一の原因に特定できない、という意味での原因不明)の症状が増加する、ということは、数十年前(一九七五年)に有吉佐和子さんが書いた『複合汚染』を読めば当然の帰結であることが分かり、現実問題として今目の前に広がっています。

工業廃液や合成洗剤で河川は汚濁し、化学肥料と除草剤で土壌は死に、有害物質は食物を通じて人体に蓄積され、生まれてくる子供たちまで蝕まれていく……。毒性物質の複合がもたらす汚染の実態は、現代科学をもってしても解明できない。おそるべき環境汚染を食い止めることは出来るのか?

出典 : 有吉佐和子『新潮社』新潮社ホームページ

要するに、これは「問題」というより、長年行なってきたことの「回答」に過ぎません。

そして、この「原因」の大元を「症状」だと考えると、本質を見誤ります。しかし、近代思考は「原因不明(原因が無数に渡る)」の状態には弱いので、一番表面上の原因である「症状」を取り除こうと薬で抑える、といった形になり、もちろん一時的に「見えなくする」ことが可能なだけなので延々と薬を飲み続けることになるか、いずれ効かなくなります。

ものごとの本質は、たとえば自然観の歪み(これは鈴木大拙が戦後まもなくの随筆で本質として指摘)、企業や政府の効率化最優先主義(村上春樹は幾度となく「効率化」を批判)、大衆消費社会(これは宮崎駿監督が問題の本質だと指摘)などであり、この問題と向き合い、個々人が気づき、少しずつでも生活を改める、また政府や企業が立ち止まって考える、ということをしない限り、今後確実に「原因不明の病気と、対処療法による薬物治療の増加(医療費の増加)」はとどまることはありません。

医療費は増加しながら、健康的に働けるひと(すなわち税収も)は減少し、また病気の増加にとどまることなくいずれは着実に平均寿命も下がっていくでしょう。

私は、こうした物質文明の氾濫というのは、人間の知恵が生み出した科学と文明というものの、ある一つの運命的な必然であったとは思うのですけれども、しかしこれをそのままにしておくことはできないし、このままにしておいたのでは、私たちの体が、まず得体の知れない病気になる。それから、もう現在そういう病気が頻発している。

出典 : 有吉佐和子、作家自作を語る

2019-11-11 | Posted in からだと自然No Comments » 

 

        

冬の寒さ対策(化学物質過敏症・電磁波過敏症)

 
Glass Story

縦棒 冬の寒さ対策

化学物質過敏症、電磁波過敏症のひとにとって冬の寒さは相当辛いもの。

エアコンや電気こたつ、ホットカーペットは使えないことも多いでしょう。

そこで化学物質や電磁波のストレスを少しでも減らした暖房、冬の寒さ対策として、どんなものが挙げられるか調べてみました。

参考にしたのは、『「化学物質過敏症 私の方法」 掲示板』という掲示板サイトです。2006年の情報ですが、特に古さは感じません。

この掲示板で紹介されている寒さ対策として多く挙がっていたのは、オイルヒーターないしはガスストーブでした。

私は去年、それまで10年間くらい使っていたデロンギのオイルヒーターを使おうとしたのですが、吐き気がして使えなかったんです。オイルヒーターが使えなくなったと思ってショックでした。ところが、ちょうどそのころ通っていた歯科医で、CCPという日本の会社のオイルヒーターを使っていて、それが臭くなかったんですね。それでCCPのきわめて安価なオイルヒーターを、だめもとで買いました。最初はやはり臭かったのですが、2週間ほどベランダに出して使ったのちに、使えるようになりました。

たぶんデロンギのヒーターも、現在発売されているタイプの物は、CCPと同じくらい安全だと思うのです。使われているプラスチックとか、塗料とかの、ほんの些細な違いが、使えるか使えないかを決めてしまうみたいなんですよね。だから新しい物を試すのは躊躇してしまうし、オイルヒーターは電磁波が恐いし……どうしましょ。(2006/11/26(Sun) 16:52)

  ×

最近ガスストーブを使いはじめました。火力も強く、においも石油ストーブより気になりません(私にとっては)
消したあともにおわないし、石油を入れかえるような手間もないし私にとってはベターのようです
父の話では燃焼率はガスのほうが石油より良いそうです

以外に知られてない存在かと思い書いてみました (2006/11/18(Sat) 14:47)

出典 : 『「化学物質過敏症 私の方法」 掲示板」』

全体の雰囲気としては、オイルヒーターよりも、ガスストーブのほうがいいかな、という感じでした。また、どちらも熱によって気化する塗料が心配なので、古い製品を使うといいかもしれません。

以前伺った化学物質過敏症の専門医の方の話によれば、古いオイルヒーターがおすすめとのこと。古い、というのはやはり塗料の問題のようです。

リサイクルショップか、メルカリなどで見てみるといいかもしれません。

オイルヒーターの電磁波については、電磁波は距離が離れれば影響も弱まるので部屋の隅に置けば大丈夫のことも多いそうです。

とは言え、体の過敏さはそれぞれで違いますし、体調によっても差は生じるので、その辺りは注意が必要です。

その他、もう少し原始的な方法として意外とおすすめなのが「白湯」と「湯たんぽ」です。

白湯は芯からぽかぽかと温まりますし、湯たんぽも夜寝る前の寒さ対策に効果的です。個人的には45℃くらいの熱いお湯で行う「足湯」や「腰湯」もおすすめです。

あとは寝具も良質な羽毛布団などを選ぶのもよいでしょう(参照 :「みらい -mirai-」)。

2018-11-15 | Posted in からだと自然No Comments » 

 

        

化学物質過敏症 / リーキーガット(腸漏れ)症候群の解説と、断食による治療法

 
Glass Story

縦棒  化学物質過敏症の原因? リーキーガット(腸漏れ)症候群とは

化学物質過敏症が増えている原因として、一つは①(人工的な)化学物質自体の増加が関係しています。

現代は、生活の目に見えない部分であらゆる化学物質に囲まれて生きていかなければいけません。

たとえひとつひとつは軽微でも、四方八方から小さな攻撃を受けているようなもので、感受性の豊かなひとほど体はパニックを起こします。

それはちょうどあちこちで色々なひとが話しかけ続けてくるようなものかもしれません。

もう一つの原因として考えられるのが、②リーキーガット症候群(「腸もれ症候群」とも言われる)です。

リーキーガット症候群とは、腸内環境の悪化によって微細な物質のみを通すはずの腸内の粘膜が荒れ、本来なら通さない物質まで通ってしまう状態を言います。

健康な腸の粘膜は、小さく分解された消化物質しか通しません。ところが、腸内環境が悪くなって腸壁が荒れると、腸粘膜の目が荒くなり、未消化の物質まで通してしまうのです。

これを「リーキーガット症候群」といいます。

出典 : 週1断食で万病が治る

リーキーガット症候群の状態を分かりやすいイラストで解説されたものを書籍『リーキーガット症候群』から紹介します。

 

出典 : 『リーキーガット症候群』トンプソン真理子著

 

荒れた腸壁の隙間から、健康な腸内環境では入ってこれないはずの物質まで入ってきて様々な悪さをするのです。

リーキーガット症候群に関連しているとされる症状は、以下の通り全身に及びます。

免疫力の低下、胸焼け、吐き気、腹痛や腹部膨満感、下痢、便秘、食欲低下、夜尿症、慢性の関節痛、筋肉痛、原因不明の熱、息切れ、抜け毛、もろい爪、皮膚疾患、記憶力の低下、集中力の低下、神経過敏、イライラ、不安感、モヤモヤ感、ぼうっとする、混乱、考えがまとまらない。

まだ賛否が分かれる段階のようですが、このリーキーガット症候群が、アレルギー症状や自律神経に関係する様々な原因不明の症状、また化学物質過敏症にも関連しているのではないかと言われています。

今後、この「リーキーガット症候群」は重要な疾患名となるでしょう。

参考 : 腸に穴があいて下痢になる人が増えている ギュルギュルッという腹痛の原因

少なくとも腸内環境がうつ病や不安感などの精神疾患、またアレルギーの発症と関わっていることはだいぶ有名になってきました。

 

縦棒 化学物質過敏症(リーキーガット症候群)と断食

リーキーガット症候群の一つの症状(結果)として、化学物質過敏症が発症する、と推測ができます。

実際に、時代とともに大腸癌が増加したり、精神疾患やアレルギー症状も増加しています。そこには食生活の乱れや化学物質の増加も関連していると考えられます。

ちょっと話は逸れますが、体にいいものを腹八分目で食べていた時代の人々が長寿なのであって、体に悪そうなものをガンガン食べる、という食習慣になった戦後世代以降、さらに寿命が伸びるということはまずないと思います。

その辺は、誰もが病気を抱えている自分も含め周りの人たちを見れば実感できるのではないでしょうか。

さて、この化学物質過敏症の治療法としては、まず化学物質を避ける、というのが大事です。

これは自分でできる方法ですね。

次に、社会から化学物質を減らす、というのも、今度は社会でできる「治療法」です。

ただ、企業がコストカットの一つとして、たとえば食品添加物を多く使ったほうが安くコストを抑えられる、といった理由から結果として化学物質が溢れているので、この辺りは厳しく制限をすることが(大企業と結びついた)政治の力では難しいかもしれません。

そのため、逆転の発想で、自然栽培など実際に農薬や化学肥料を使っていない農作物や、無添加のオーガニック製品を購入して、体に優しい企業を応援する、というのも、積極的な「治療法」です。

消費(日々の生活スタイル)も世界を変える立派な一票です。

また、化学物質に対するアプローチとは別に、リーキーガット症候群の治療法としては、相当悪化した状態では、おそらく断食がいちばん効果的だと思います。

まだリーキーガットという名称はなかったものの、似たような状況でも断食で治療ができたという報告があったり、アレルギーが治ったという話も多くあります。

たぶん、その荒れた腸の壁が、断食によって自然治癒し、修復するのでしょう。

断食の方法などについては、多くの本が出版されているので参考にしましょう。専門の施設もあります。

 

縦棒 断食療法の保険適用

今後、リーキーガット症候群(に由来するアレルギーや慢性疾患、化学物質過敏症)もますます増加していくでしょう。

その際、治療法としては、この断食を積極的に推進していくことが必ず必要とされるときが訪れます。

まだ断食療法には保険適用は叶いませんが、早急に保険適用についても考えるべきだと思います。

断食は半日や一日など短期間であれば割と気軽に家で行うことも可能ですが、数日から長期となると誘惑やストレスケアなども含め、専門の施設で行うことが望ましいとされています。

断食をする際は、なるべくパソコンやスマホなどからも離れ、空気のきれいな環境で、合間にのんびりと過ごしたり、ヨガやマッサージなどリラックスサービスも受けることで効果も高まりますし、空腹のストレス緩和にもなります(家で行うときもこの辺りを心がけましょう)。

日頃の喧噪やストレスが「食」に向かわせるので、やはり普段の生活のまま断食を行うのが難しい場合もあります。

こうした断食の総合施設はいくつもありますが、保険適用ではないので価格が高いのが難点です。

しかし、欧米では断食(ファスティング)は一般的にも普及し、ドイツやロシアなど保険適用で行ってくれる国もあります。

以下は、ドイツの断食に関する記事です。

ベルリンのシャリテ大学病院(Charite)では50年にわたり、医師たちの指導による断食療法プログラムを提供している。12~14日のプログラムの費用は、ブヒンガー・ウィルヘルミよりも安価に設定され、さらに少なくとも一部には医療保険が適用されるため、富裕層にとどまらず幅広い所得層の人々の手に届く存在となっている。

(中略)

現代の病気に対処するために作られた多くの新薬が、さまざま副作用のために市場から取り下げられていると指摘するミヒャールゼン氏は、「人は年を取れば取るほど、そういった病気になっていく。現在主流になっている医薬品が、将来もずっと有効だとされるとは限らない。だから10年後には、断食療法がもっと重要視されるようになると私は確信しているよ」と語った。

出典 : 豊かな国で注目集める断食療法、ドイツ | AFP BB NEWS

この記事を読むと、実際に断食(絶食療法)が様々な慢性疾患(ぜんそくや慢性消化器疾患、抑うつなど)に効果を発揮し、一部医療保険の適用対象でもあり、ドイツのあいだで浸透しつつあることが伺えます。

日本でも、特区など一部地域から始める形で断食の保険適用施設を開設したほうがよいでしょう。

断食は花粉症などにも効果があると言われ、実際に治ったという声は多数存在します。

治療実績を実証データとして残しながら、徐々に範囲を広げていき、都心に近い断食施設、海沿いの断食施設、山の断食施設など、それぞれの環境を活かした療養施設に気軽に通えるようになれば、慢性疾患やストレス性障害の改善にも繋がり、結果的に医療費は下がっていくでしょう。

2018-10-04 | Posted in からだと自然No Comments »