悪循環 | コップのお話
 

からだと自然

悪循環

有機野菜、無添加食品の宅配「秋川牧園」

Glass Story
0

悪循環

農薬や化学肥料、食品添加物、その他無数の「単体で短期的に画像や数字で判断できる症状が目に見えないゆえに“科学的に安全”と見なされる」人工的化学物質を、企業の効率化とコストカットのために増やし続ければ、今後原因不明(実際は無数の小さな原因の複合的な結果ゆえに単一の原因に特定できない、という意味での原因不明)の症状が増加する、ということは、数十年前(一九七五年)に有吉佐和子さんが書いた『複合汚染』を読めば当然の帰結であることが分かり、現実問題として今目の前に広がっています。

工業廃液や合成洗剤で河川は汚濁し、化学肥料と除草剤で土壌は死に、有害物質は食物を通じて人体に蓄積され、生まれてくる子供たちまで蝕まれていく……。毒性物質の複合がもたらす汚染の実態は、現代科学をもってしても解明できない。おそるべき環境汚染を食い止めることは出来るのか?

出典 : 有吉佐和子『新潮社』新潮社ホームページ

要するに、これは「問題」というより、長年行なってきたことの「回答」に過ぎません。

そして、この「原因」の大元を「症状」だと考えると、本質を見誤ります。しかし、近代思考は「原因不明(原因が無数に渡る)」の状態には弱いので、一番表面上の原因である「症状」を取り除こうと薬で抑える、といった形になり、もちろん一時的に「見えなくする」ことが可能なだけなので延々と薬を飲み続けることになるか、いずれ効かなくなります。

ものごとの本質は、たとえば自然観の歪み(これは鈴木大拙が戦後まもなくの随筆で本質として指摘)、企業や政府の効率化最優先主義(村上春樹は幾度となく「効率化」を批判)、大衆消費社会(これは宮崎駿監督が問題の本質だと指摘)などであり、この問題と向き合い、個々人が気づき、少しずつでも生活を改める、また政府や企業が立ち止まって考える、ということをしない限り、今後確実に「原因不明の病気と、対処療法による薬物治療の増加(医療費の増加)」はとどまることはありません。

医療費は増加しながら、健康的に働けるひと(すなわち税収も)は減少し、また病気の増加にとどまることなくいずれは着実に平均寿命も下がっていくでしょう。

私は、こうした物質文明の氾濫というのは、人間の知恵が生み出した科学と文明というものの、ある一つの運命的な必然であったとは思うのですけれども、しかしこれをそのままにしておくことはできないし、このままにしておいたのでは、私たちの体が、まず得体の知れない病気になる。それから、もう現在そういう病気が頻発している。

出典 : 有吉佐和子、作家自作を語る



[PR]

「私たちは、私たちの食べたものでできている」

健康でいちばん重要なのは食、特に食材ひとつひとつの質です。今現在原因不明の不調で苦しんでいるひとも、子供の健康な体づくりにとっても、まずは食を改善することが大事です。

また、体に優しい食材を購入することは、自然に優しい農家さんたちを消費で応援することにも繋がります。

定期宅配やセット販売なら家計にも優しく一石三鳥です。
 
以下は、自然栽培など体に優しい食材の定期宅配(個別購入も対応)サービスでおすすめの4社です。
 
ナチュラルハーモニー ▷公式サイト
 
ハミングバード ▷公式サイト
 
秋川牧園 ▷公式サイト

自然派きくち村 ▷公式サイト

それぞれ無農薬の自然栽培の野菜やお米、オーガニックの鶏肉、厳選された干物などが購入できる安心の企業です。

初回購入限定セットもあるので、よかったら一度お試し下さい。
2019-11-11 | Posted in からだと自然

有機野菜、無添加食品の宅配「秋川牧園」